徳島県立板野高等学校 
 
 
Visits1135931

柔道部

柔道部紹介
12345
2017/02/08

H28.県下体重別選手権大会報告

| by:教員004
去る、2月5日(日)鳴門ソイジョイ武道館において開催された、標記大会結果について、報告します。今大会は、男女無差別級では、全日本選手権(男子)・全国女子選手権の県予選を兼ね、男子体重別においては、四国4県対抗選手権の代表選考も兼ねた大会でした。我が、板野高校柔道部からは、男子3名・女子3名がエントリーしました。
【女子結果】
52キログラム級:前田彩音(第3位)。準決勝戦において、ライバル岡田選手と対戦、終始リードを許し、全く良い所の見えない敗戦でした。
57キログラム級:中崎千尋(優 勝)。結果は、優勝でしたが、悪いクセの舞い上がりが、肝心な所で出てしまい、バタバタしました。最後、抑え込みで何とか勝ちました。
63キログラム超級:平岩杏菜(準優勝)。平岩も、内容があまりよくありませんでした。準決勝対吉田選手(徳島北)には、有効ポイント2つも取られ、危ない所でしたが、何とか逆転勝ちを収めました。決勝戦においては、藤本選手(生光学園)との戦いで、両者一進一退の攻防をするもポイントなく、旗判定で0-3という情けない内容で負けました。
【男子結果】
66キログラム級:小川英二(第3位)。確実に実力はアップしていますが、準決勝戦において、村山選手(阿波高校)との攻防で、いい感じで進めていたのですが、課題の精神力の弱さで、背負い投げに入られた所自分から飛ぶような形で見事な受け身を披露しました。岡本雄士(1回戦敗退)今大会、唯一人入賞を逃した岡本は、岩佐選手(富岡西高)との試合で、自分の持ち味の粘りと最近、評価していた内股をほとんど使う事なく、相手大外刈りにきれいな受け身を小川同様披露しました。彼もまた、メンタル面の弱さが表面に出た試合でした。
73キログラム級:田村海(準優勝)。準決勝戦において、好敵手佐野選手(徳島科技)から有効ポイントを奪い、佐野選手に初勝利することが、できました。ただ、決勝戦においては、中学の先輩である竹盛選手(鳴門渦潮)にいい所なく1本負け。初優勝を逃しました。しかし、大会後開かれた4県対抗代表選手選考会議において、板野高校柔道部史上初の代表の一人に選出されました。
【総括】
全体に、試合運びの下手さや、精神力の弱さが表面に出てしまった大会でした。厳しい練習に耐えることのできている選手達ゆえ、試合でも納得のいく結果が得られるよう、鍛えていきたいと思っています。
 会場ソイジョイ武道館の前景です。  アップをする板高部員。  開会式で審判長から、試合上の注意をしてもらっています。  閉会式、進行する後ろ姿は、私(永井)です。
 表彰を受ける、小川英二(第3位)です。  田村海(準優勝)です。  前田彩音(3位)です。  中崎千尋(優勝)です。
 平岩杏菜(準優勝)です。
 今大会出場した、板高柔道部員です。
文責:板野高柔道部監督 永井俊博
11:27
2017/01/06

年末OB合練及び道場大掃除模様

| by:教員004
12月29日(木)2年ぶりにOB(今年は、北高7名)が参加して、気持ちのいい汗を流しました。県警で、現役で柔道をしている者もおり、生徒達の申し入れを受けてくれ、本当に内容の濃い合同練習が出来ました。
 寝技、うまく先輩を抑え込めたかな?  乱取り、先輩も懸命に後輩の相手です。  いい汗をかいて、集合写真でニッコリ!
続く、30日(金)恒例の道場年末大掃除を実施しました。夏は、小川英二の妹綾乃(板中)が助っ人に来てくれましたが、今回は、中崎千尋の妹楓菜(板中)と前田彩音の妹遙(板中)が参加してくれ、大変助かりました。また、例年通り冬は、3年生も全員手伝いに来てくれ、早く・きれいに道場を磨き上げてくれました。進路も全員決まっている3年生は、心なしか表情にもゆとりが感じられました。
 部室の荷物の搬出。気をつけて!  断捨離の確認をする木脇主将。  久しぶりだね、などと言っているのかな?  中学生二人が部室をきれいに掃いています。  教官室も主な荷物を外に出しました。  さあ、あとちょっと頑張ろう!  教官室の荷物は、ローカに!  高い所で頑張る佐野、助ける中村。  靴箱もきれいに!  掃除を終えて、全員でパチリ!  茶話会の始まり。今回は、中崎家・前田家より、美味しいシュークリーム差し入れもありました。ゴチになります。
 神妙な顔で田村主将は、何を見てる?  中学生二人も美味しそうに食べています。本当に助かりました。ありがとう!
 向・中崎・佐野は、何を話しているのかな?  美桜、姿勢が悪いよ。嶽・前田の南組(小松島・坂野)も久しぶり!
 いい表情の男3人組です。この笑顔がたまりません!
 楓ちゃん(中崎妹)が、木脇主将にまた、ちょっかいをかけています。仲のいい二人です。
板高柔道部は、このように沢山の人たちに支えられて、いろんな活動を行っています。感謝の気持ちで一杯です。 文責:柔道部監督 永井俊博
13:28
2017/01/05

H28.冬玉野遠征結果報告

| by:教員004
12月27日(火)28日(水)の2日間、玉野スポーツセンターで開催された、柔道錬成試合に参加しました。年末の玉野錬成は、久しぶりの参加でしたが、選手達は少数ながら(男子:3名・女子2名)、普段の練習の成果を示す事が出来たと思います。
【男子チーム成績】8勝7敗1分(36勝24敗7分)
【女子チーム成績】6勝11敗1分(29勝47敗3分)
【個人成績】田村海:17勝2敗4分、小川英二:14勝7敗2分、岡本雄士:5勝15敗1分、前田彩音:9勝31敗1分、平岩杏菜:20勝16敗2分。
特に、男子主将田村が、夏以来の県外遠征全て勝ち越しを続けており、勝負強さを感じさせます。また、今回小川と平岩の2名も勝ち越したのが、評価出来ます。負け越している、前田・岡本についても内容に見るべき所が随所にあり、楽しみです。ただ、選手権予選直前に負傷した女子主将中崎千尋が、まだ試合出来る状態でなく、残念でした。なお、男子は初日午後から三本松と女子は、2日目徳島北と合同チームを組みました。男子2日目:三本松・高松中央と合同。
【男子の部】第1戦:対三本松(4勝1敗1分)、第2戦:対岡山工業(1勝2敗0分)、第3戦:対高松農業(5勝0敗1分)、第4戦:対金光学園(8勝3敗)、第5戦:対武田(3勝2敗)、第6戦:対えい進(0勝2敗1分)、第7戦:対岡山工・東岡工(2勝2敗2分)、第8戦:対岡山東商(1勝2敗1分)、第9戦:対玉野光南(1勝1敗1分)、第10戦:対島根明誠(1勝2敗)、第11戦:対修道(2勝1敗)、第12戦:対広島学院・瀬戸内(2勝)、第13戦:対金光学園(1勝2敗)、第14戦:対玉野光南(2勝1敗)、第15戦:対尽誠(2勝1敗)、第16戦:対金沢学院(1勝2敗)
【女子の部】第1戦:対志度(3勝4敗)、第2戦:対武田(4勝3敗1分)、第3戦:対えい進(3勝3敗)、第4戦:対田布施農工・瀬戸内(6勝2敗)、第5戦:対金沢学院(2勝6敗)、第6戦:対高松中央(5敗)、第7戦:対岡山連合(6敗2分)、第8戦:対田布施農工(4勝)、第9戦:対京都文教(6敗)、第10戦:対金沢学院(2敗)、第11戦:対志度(1勝1敗)、第12戦:対武田(1勝1敗)、第13戦:対田布施農工(2勝)、第14戦:対益田東(1敗)、第15戦:対高松中央(2敗)、第16戦:対岡山連合(3勝)、第17戦:対金沢学院(2敗)、第18戦:対島根明誠(3敗戦)
 初日行きのフェリー(高松港)  初日昼食後、大体育館横にて  宿泊棟、玄関前にて  大体育館内にて  初日午後開始式、後ろから  初日帰り、宇野港にて  2日目朝、高松港にて  乗っていくフェリー、入港前  2日目午後開始式、前から  2日目帰り、宇野港にて みんなの表情が心なしか、ホッとしているように思うのは、私(監督)だけか?
実りある遠征でした。こういう機会をできるだけ大切にしたいです。 文責:柔道部監督 永井俊博
13:51
2016/12/01

第39回全国高校柔道選手権大会県予選

| by:教員004
11月26日(土)・27日(日)県立中央武道館で開催された標記大会。今回、「鬼熊を日本武道館に連れてって!」という合い言葉で部員達の士気を高めました。今年度で定年退職する私からの願いということで、いつも以上に部員達の意気は上がりました。
結果、選手6人中4人が決勝進出。1人が、ベスト4入り。残る1人も、公式戦初勝利を飾りベスト8に入りました。そして、合い言葉通り、女子無差別級に出場した平岩杏菜が見事優勝を飾り、3月に開催される全国大会の切符を手に入れてくれました。以下に、それぞれの結果について報告します。
【女子48キログラム級】前田彩音
 決勝戦:対 岡 田(徳島北高)1本負け。
【女子52キログラム級】中崎千尋
 準決勝:対 高 山(生光学園)1本勝ち。
 決勝戦:対 市 原(生光学園)1本負け。
【女子無差別級】平岩杏菜
 2回戦:対 桒 原(生光学園)1本勝ち。
 準決勝:対 藤 本(生光学園)延長有効勝ち。
 決勝戦:対 佐 藤(生光学園)1本勝ち。
【男子60キログラム級】岡本雄士
 1回戦:対 武 市(小松島高)1本勝ち。
準々決勝:対 横 田(阿波高校)1本負け。
【男子66キログラム級】小川英二
 2回戦:対 山 下(鳴門渦潮)1本勝ち。
 準決勝:対 新 居(阿波高校)1本負け。
【男子73キログラム級】田村 海
 2回戦:対 妹 尾(鳴門渦潮)1本勝ち。
 準決勝:対 山 口(徳島科技)1本勝ち。
 決勝戦:対 佐 野(徳島科技)延長有効負け。 =次ページに続く=
17:14
2016/11/04

第10回県秋季柔道大会

| by:教員004
11月3日(祝日)鳴門ソイジョイ武道館において、標記大会が開催されました。今年は、交流の続いているドイツニーダーザクセン州の男女6名も大会に出場し、大変盛り上がった大会となりました。本校は、板高鬼熊会として、男女1チームずつのエントリーでした。男子は、絶好のチャンスを逃し、痛恨の1回戦負け。女子は、北高を破ったものの、生光学園にまたしても敗れ、準優勝にとどまりました。今回カメラを準備していなかったため、写真なしの報告となります。
【男子の部】先鋒:岡本雄士・中堅:小川英二・大将:田村海
1回戦:対 科技・徳北連合(1-2)負
 先鋒:岡 本《△》⑩背負投《〇》井 上
 中堅:小 川《△》⑩合 技《〇》山 口
 大将:田 村《〇》⑤優 勢《△》了 戒(徳北)
【女子の部】先鋒:前田彩音・中堅:中崎千尋・大将:平岩杏菜
2回戦:対 チームドイツ (1-0)勝
 先鋒:前 田《✕》引き分け《✕》ミシェル
 中堅:中 崎《〇》⑩横四方《△》ライラ
 大将:平 岩《✕》引き分け《✕》カタリナ
準決勝:対 徳島北高校  (2-1)勝
 先鋒:前 田《△》⑩大内刈《〇》岡 田
 中堅:中 崎《〇》⑩横四方《△》佐 川
 大将:平 岩《〇》⑩大内刈《△》吉 田
決勝戦:対 生光学園高校B (0-3)負
 先鋒:前 田《△》⑩内 股《〇》佐 藤
 中堅:中 崎《△》⑩背負投《〇》東 端
 大将:平 岩《△》⑩袈裟固《〇》金 本
※まだまだ、甘い所だらけですが、また一歩前進した感があります。選手権予選に向   
 けてしっかり鍛えていきたいと思います。 文責:柔道部監督 永井俊博
09:32
2016/10/28

県高校新人柔道選手権大会結果

| by:教員004
去る、10月22日(土)・23日(日)の2日間、県立中央武道館において、標記大会が開催されました。
22日(土)は、個人戦でした。女子52キログラム級:中崎千尋と70キログラム級:平岩杏菜が、嬉しい初優勝を飾りました。48キログラム級:前田彩音は、健闘空しく準優勝でした。男子は、73キログラム級:田村海が、準決勝戦延長にもつれ込むも、痛恨の指導1を取られ、悔しい第3位。66キログラム級:小川英二は、殊勲の第3位初入賞を果たしました。60キログラム級:岡本雄士は、ほろ苦いデビュー戦となりました。
23日(日)の団体戦。男女共全くいい所がなく、試合運びの下手さを露呈しました。
男子は、予選トーナメント1回戦対鳴門渦潮高戦0-4で負け。女子は、4チームによるリーグ戦でしたが、1勝2敗で第3位でした。1ヶ月後の、全国選手権予選に向けて、猛稽古を積み、もちょっとましな試合をさせたいと思います。
 個人戦表彰式前です。  48kg級準優勝:前田彩音。  52kg級優勝:中崎千尋。初めてのことに少し緊張気味です。  70kg級優勝:平岩杏菜。こちらも初優勝で、何か呆然としています。  66kg級第3位:初入賞の小川英二。肩の痛さに負けませんでした。  73kg級第3位:田村海。痛恨の負けに、笑顔はありません。  選手6人中、5人の入賞は、一応の成果だと思います。  女子団体第3位の3人。  賞状を受け取る中崎主将に笑顔はありません。この悔しさを忘れず、頑張って貰いたいと思います。
文責:柔道部監督 永井俊博
09:12
2016/10/19

高砂遠征結果

| by:教員004
去る10月9日(日)3年ぶりに、標記錬成試合に参加しました。新人戦前の力試し。選手達は、奮闘しましたが残念ながらチームとしては、男女共まだまだの感があります。そんな中で、男女主将田村海・中崎千尋の二人が、夏の玉野・9月の愛媛そして今回と3回続けて、勝ち越しているのが明るい材料として挙げられます。他の者も確実に成長しています。さあ、新人戦どうなることやら・・・?
【男子の部】2勝7敗(14勝21敗4分) 第1戦:対玉野光南(1勝3敗1分)・第2戦:対福井工大高(1勝3敗)・第3戦:対鈴鹿高(1勝2敗)・第4戦:対おかやま山陽(0勝3敗)・第5戦:対興国高(1勝2敗1分)・第6戦:対赤穂高(4勝0敗)・第7戦:対西の京高(3勝1敗)・第8戦:育英高(1勝4敗1分)・第9戦:対高砂高(2勝3敗1分)
《男子個人成績》田村海:7勝4敗4分・小川英二:4勝9敗・岡本雄士:3勝8敗
【女子の部】1勝6敗(7勝25敗7分) 第1戦:対夙川高A(0勝6敗)・第2戦:対磯城野高(1勝2敗1分)・第3戦:対岡山南高(4勝3敗1分)・第4戦:対松陽高(2勝3敗1分)・第5戦:対福井工大高(0勝4敗2分)・第6戦:対科学技術高(0勝6敗)・第7戦:対おかやま山陽(0勝1敗2分)
《女子個人成績》中崎千尋:6勝5敗3分・前田彩音:0勝11敗1分・平岩杏菜:1勝9敗3分
 朝6時、完全に寝ぼけ眼の部員達。  明石海峡大橋を背景に、ここでもまだ眠そう。  会場前にて、やっと目が覚めたかな?  中高生で一杯の会場内、暑かったです。  さて、田村主将はどこを見ているのでしょう。  全て終了し、ホッと一息の選手達。  帰り、明石SAにて。ここが一番元気だったかな?  淡路SA観覧車前にて、学校まであと少し。
今回も、少し怪我人が出ました。新人戦には、間に合うかな? 文責:監督永井
08:46
2016/09/20

第11回愛媛国体強化高校柔道錬成大会

| by:教員004
9月17日(土)~19日(月)2泊3日の日程で、徳島県選抜の錬成試合に参加しました。会場は、愛媛県武道館。男子は、徳商・徳北・富西と女子は、富西と合同チームを編成して試合しました。
板野高校関係の結果は、男子:8勝13敗1分(27勝31敗4分)。女子:9勝17敗0分(41勝72敗7分)。個人成績:田村海(13勝3敗2分)・中崎千尋(25勝16敗2分)・前田彩音(5勝34敗3分)・小川英二(9勝14敗1分)・平岩杏菜(11勝22敗2分)・岡本雄士(5勝14敗1分)でした。田村・中崎の両主将が、夏の玉野遠征に続いて勝ち越したのは、流石でした。まだまだ、勝ちに繋がらない部分もありますが、確実にステップアップしている事が確認出来ました。
 往路、吉野川SAです。  往路、石鎚SAです。  宿舎ふれあいセンターでの朝のつどいです。  朝のつどい後。  愛媛武道館主道場にて、中崎・前田・平岩。  小川の姿が見えませんが、田村・岡本も加えての一枚。  北高の仲間達と。  富岡西の仲間達と。  徳島県チームです。  朝食です。全員の幸せそうな顔。食べる事が大好きな、板高鬼熊会のメンバーです。  宿舎を出発する板高メンバーです。(お世話になりました。)  最終日は、男女とも副道場での試合となりました。(主道場は、ディズニーオンアイスの設営のため、使用出来ませんでした。中崎が、見たいと言って、叫んでいました。)  帰り際、武道館の正面付近で撮影。愛媛県のすごさを、再認識させられた3日間でした。
実りある遠征を終え、部員達がまた新たな第1歩を踏み出してくれるものと、期待sています。 文責:板野高校柔道部監督 永井俊博。
11:00
2016/08/31

H28.夏道場大掃除顛末

| by:教員004
夏休みも大詰めを迎えた8月26日(金)恒例の道場大掃除が、和気藹々と行われた。今回、小川英二の妹綾乃も応援に駆けつけてくれ、大いに役立ってくれた。その模様・顛末を写真で紹介する。
 さあ、いよいよ始まるぞ。  何故かボトルを持ってポーズするお茶目な中崎主将。  いつも冷静沈着な平岩もニッコリ。  前田は、何を持っているのかな?  バケツに水を入れるいつになく真剣な、田村主将。  応援参加の小川綾乃、本当に助かりました。感謝。  外窓担当、1年コンビ。小川と岡本。  届くかな?(小川談)  中学生の頃から参加している田村は、慣れた手つき。  高い所も平気な田村。  何故か上半身裸の岡本。  岡本と同じく上半身裸の小川。  部室をきれいに掃く、女子達。  部室の中にはこんなに沢山のゴミ?イヤ荷物がありました。  1年男子は、どうやら筋肉美を自慢したいようです。  部室の床をきれいにする、中崎・平岩。  最高の笑顔前田彩音。  デッキブラシは、私に任せて!(前田談)  中崎主将、カメラ目線じゃなく真面目に掃除して下さい。(平岩杏菜心の声)  結局、私が一番ぞうきんがけが上手い。(小川綾乃、心の声)  先生の部屋は、特に美しく。(前田・中崎、心の声)  私もそう思います。(平岩談)  ワシも、ワックスかけるよ。(鬼熊永井談)  彩音ちゃん、きれいに拭いてね(中崎)。あんたも歩かんと雑巾がけし!(前田)  靴箱もきれいに!(田村海・小川綾乃)  いただきます。(平岩・中崎・前田)  綾乃・英二兄妹は仲良く並んで、いただきます。  労働の後の、ジュース・パンはおいしいね。(小川・岡本・田村)  とにかく、期間限定商品に弱い、鬼熊永井監督。
板高鬼熊会柔道部は、練習は厳しく、掃除は楽しくをモットーに日々奮闘努力しています。 文責:板野高校柔道部監督 永井俊博
09:22
2016/08/23

朝日医療杯争奪第18回高校柔道大会

| by:教員004
去る8月20日(土)岡山県玉野スポーツセンターにおいて開催された、標記大会について報告します。この夏、行事の関係で県外遠征が今回のみとなりました。部員達は、夏の練習成果を確かめようと、試合に臨みました。
【男子の部】第1戦:対 育英高B(2勝3敗)・第2戦:対 松山工・西条農(3勝3敗)《内容負》・第3戦:対 鷲羽・播磨農(4勝1敗)・第4戦:対 高砂高(2勝3敗)・第5戦:対 加古川西連合(4勝1敗)・第6戦:対 広陵高(1勝3敗1分)・第7戦:対 岡山一宮高(5勝0敗)
☆チーム成績:3勝4敗(21勝14敗1分)
★個人成績: 田村海(13勝1分)・小川英二(6勝8敗)・岡本雄士(2勝6敗)
【女子の部】第1戦:対 新田高(1勝5敗)・第2戦:対 広陵高A(0勝4敗2分)・第3戦:対 明誠高A(0勝6敗)・第4戦:対 東洋大姫路高B(4勝2敗)・第5戦:対 光南・東商(2勝2敗)《引分》・第6戦:対 広島国際高(1勝2敗)・第7戦:対 播磨農(1勝2敗)・第8戦:対 岡山理大附属高(3勝4敗1分)
☆チーム成績:1勝6敗1分(12勝27敗4分)
★個人成績: 中崎千尋(7勝4敗3分)・前田彩音(0勝14敗1分)・平岩杏菜(5勝9敗)
※男女主将の奮闘が特筆されます。特に、田村海は、大きな相手にも臆する事なく果敢に挑み、13勝中12回1本勝で結局負けなしは、見事でした。中崎の勝ち越しも立派だと思います。今回女子は、副顧問弘田美和先生のお世話になりました。

 往路高松港にて、穴吹ホールをバックに1年生と。  男子会場の大体育館において、アップ中。  開会式で整列する選手達。今回約400名が参加したとの事です。  横断幕を撮りました。  大体育館前にて。 フェリー上にて。
大きなケガもなく終了した今回の遠征。まだまだ、甘い所も多いですが、確実に前進している事が確認できました。また、機会を捉えていろいろな遠征に参加したいと思います。 文責:柔道部監督 永井俊博
15:07
12345
チーム紹介 >> コンテンツ詳細
表示内容を印刷します
記入者:教員004

これまでの戦績
検索検索
12





12