徳島県立板野高等学校
〒779-0102
徳島県板野郡板野町川端字関ノ本47
Tel 088-672-1101  Fax 088-672-4616
e-mail   itano_hs@mt.tokushima-ec.ed.jp
 

メッセージ

メッセージ >> 記事詳細

2017/01/10

第3学期始業式

| by:校長
   明けましておめでとうございます。

 今日は一つの詩を紹介します。
 「花は一瞬にして咲くのではない。大地から葉から出て葉を作り、葉を繁らせ、成長して、つぼみをつくり花を咲かせ、実をつくっていく。」 「花は一瞬にして咲かない。大木も一瞬にして大きくならない。一日一夜の積み重ねの上にその栄光を示すのである。」
 癒やしの詩人と称される熊本県出身の坂村真民が書いた言葉です。どういう意味だと思いますか?

 今年は酉年。「酉」という字は酒という字からさんずい偏を除いた字で、酒樽を表しています。お酒は実った作物や果実を発酵させて作ります。そういう意味で酉年は物事が最終段階まで達する年だと言われたり、物事が実る年だと言われたりしています。是非、実り多き年にしたいものだと思います。
 そのためには一年の初めにどんな年にしたいか、目標を立てないといけません。
 3年生は4月から新しい生活に向けてスタートを切ります。充実したスタートが切れるよう目標を立てて下さい。まだ進路が決まっていない人は、夢の実現に向けて、まずは強い気持ちを持ち最後まであきらめずに闘うことを目標にしてください。2年生は3年生になるわけですから目標は立てやすいと思います。1年生は2年生になります。今年をどう過ごすかが高校生活が充実するかどうか鍵を握ります。しっかり目標を立ててほしいと思います。
 ただし、一つ上の学年に上がったり、卒業したりするためにはこの3学期をいかに過ごすかが重要であることは分かっていますね。まずはこの3学期をどう過ごすか目標を立て、目標ができればスローガンで終わらないよう、具体的な方策を考え毎日こつこつ努力をします。時の経つのは速いものです。すぐに12月がきます。大晦日になって今年は良い年だったと言えるよう一日一日を大切にして下さい。

 ここまで言えば、最初に紹介した詩の意味が分かりますね。
 もう一度言います。
 「花は一瞬にして咲くのではない。大地から葉から出て葉を作り、葉を繁らせ、成長して、つぼみをつくり花を咲かせ、実をつくっていく。」 「花は一瞬にして咲かない。大木も一瞬にして大きくならない。一日一夜の積み重ねの上にその栄光を示すのである。」
 
 坂村真民はこうも言っています。
 「本気になると世界が変わってくる。自分が変わってくる。変わってこなかったらまだ本気になっていない証拠だ。本気な恋、本気な仕事。ああ、人間一度はこいつをつかまえないことには。」

 良い一年にしましょう。    (吉田)
10:03