徳島県立板野高等学校 
 
 
Visits1135873

メッセージ

メッセージ >> 記事詳細

2017/05/13

全校集会(5月)

| by:校長
 
(5月は好い月、花の月、板高にも「つつじ」をはじめたくさん花が咲いています。)

   5月3日は 憲法記念日
 憲法の三大原則はいえますか? 18歳で選挙権の得られる時代です。言えるようにしておきましょう。
 5月4日は 「みどりの日」
 もともとは誰の誕生日をみどりの日と言いましたか?
 昭和天皇の天皇誕生日4月29日が昭和天皇が亡くなってから「みどりの日」と言われるようになっていましたが、この日を4月29日から5月4日に移行して今祝日としています。
 では、もともと昭和天皇の誕生日だった4月29日はどうなったかというと、「昭和の日」として祝日のまま残されることとなりました。

 私は昭和生まれで、戦後の高度経済成長期に育ってきた人間です。この我々の世代が育ってきた時代を映画にしたのが「ALLWAYS 3丁目の夕日」です。昭和30年代の下町を舞台にそこに働く人たちの温かな交流を描いているのですが、私は今の時代に薄れてきたこの映画のほのぼの感が大好きです。ただ、この映画は単にほのぼのとしているだけでなく、庶民を含め誰もが新しい時代を築こうとひたむきに努力をし、将来に対する夢と希望を感じられるストーリーになっています。そこがとっても良いところです。

 では昭和が夢のような時代だったかと言えばそうではありません。戦争に負け、悲惨な戦争から復興に向けて血のにじむような努力をしてきた時代でもあり、ある意味戦いの日々だったとも言えます。
 それで復興を急ぐあまり、環境など二の次に考えて歩んできたので四日市ぜんそく、イタイイタイ病。水俣病などの公害もいろいろと発生しました。その反面、そこからきちんと軌道修正をし、日本の進むべき道を模索したのが「昭和という時代」でもありました。
 新町川も、昭和の頃は流域の工場から排水が垂れ流され、どぶ川のような状態で近くによると臭ってきそうな状態でした。それが今や魚が戻り、釣り人が釣り糸を垂らしている光景さえ見られます。
 あれほど全国で問題となった公害も、日本は見事に克服したばかりか環境と人間の調和を目指し、今では世界有数の環境立国になっています。今、問われているのは過ぎ去った昭和から何を学ぶのかということです。昭和の日がやってくることを一つのきっかけに、ご両親やおじいさん、おばあさんに昭和の時代がどんな時代だったのか聞いてみてください。皆さんは平成生まれの平成育ち、まもなく平成の世が終わりを告げると言われています。平成が良い時代だったと言われるよう今を過ごしたいものです。

 ところで、私は全校集会でする講話を、いつも私に与えられた授業だと思っています。今、皆さんは静かに背筋を伸ばして人の話を聞く態度ができています。平成29年度が始まって1ヶ月が過ぎました。全ての授業は、みなさんを立派な社会人にするために行っています。今年度、すべての授業で、今のようにまずは、しっかり人の話を聞くようにしてください。                (吉田)

17:14