徳島県立板野高等学校
〒779-0102
徳島県板野郡板野町川端字関ノ本47
Tel 088-672-1101  Fax 088-672-4616
e-mail   itano_hs@mt.tokushima-ec.ed.jp
 

柔道部

柔道部紹介 >> 記事詳細

2017/01/05

H28.冬玉野遠征結果報告

| by:教員004
12月27日(火)28日(水)の2日間、玉野スポーツセンターで開催された、柔道錬成試合に参加しました。年末の玉野錬成は、久しぶりの参加でしたが、選手達は少数ながら(男子:3名・女子2名)、普段の練習の成果を示す事が出来たと思います。
【男子チーム成績】8勝7敗1分(36勝24敗7分)
【女子チーム成績】6勝11敗1分(29勝47敗3分)
【個人成績】田村海:17勝2敗4分、小川英二:14勝7敗2分、岡本雄士:5勝15敗1分、前田彩音:9勝31敗1分、平岩杏菜:20勝16敗2分。
特に、男子主将田村が、夏以来の県外遠征全て勝ち越しを続けており、勝負強さを感じさせます。また、今回小川と平岩の2名も勝ち越したのが、評価出来ます。負け越している、前田・岡本についても内容に見るべき所が随所にあり、楽しみです。ただ、選手権予選直前に負傷した女子主将中崎千尋が、まだ試合出来る状態でなく、残念でした。なお、男子は初日午後から三本松と女子は、2日目徳島北と合同チームを組みました。男子2日目:三本松・高松中央と合同。
【男子の部】第1戦:対三本松(4勝1敗1分)、第2戦:対岡山工業(1勝2敗0分)、第3戦:対高松農業(5勝0敗1分)、第4戦:対金光学園(8勝3敗)、第5戦:対武田(3勝2敗)、第6戦:対えい進(0勝2敗1分)、第7戦:対岡山工・東岡工(2勝2敗2分)、第8戦:対岡山東商(1勝2敗1分)、第9戦:対玉野光南(1勝1敗1分)、第10戦:対島根明誠(1勝2敗)、第11戦:対修道(2勝1敗)、第12戦:対広島学院・瀬戸内(2勝)、第13戦:対金光学園(1勝2敗)、第14戦:対玉野光南(2勝1敗)、第15戦:対尽誠(2勝1敗)、第16戦:対金沢学院(1勝2敗)
【女子の部】第1戦:対志度(3勝4敗)、第2戦:対武田(4勝3敗1分)、第3戦:対えい進(3勝3敗)、第4戦:対田布施農工・瀬戸内(6勝2敗)、第5戦:対金沢学院(2勝6敗)、第6戦:対高松中央(5敗)、第7戦:対岡山連合(6敗2分)、第8戦:対田布施農工(4勝)、第9戦:対京都文教(6敗)、第10戦:対金沢学院(2敗)、第11戦:対志度(1勝1敗)、第12戦:対武田(1勝1敗)、第13戦:対田布施農工(2勝)、第14戦:対益田東(1敗)、第15戦:対高松中央(2敗)、第16戦:対岡山連合(3勝)、第17戦:対金沢学院(2敗)、第18戦:対島根明誠(3敗戦)
 初日行きのフェリー(高松港)  初日昼食後、大体育館横にて  宿泊棟、玄関前にて  大体育館内にて  初日午後開始式、後ろから  初日帰り、宇野港にて  2日目朝、高松港にて  乗っていくフェリー、入港前  2日目午後開始式、前から  2日目帰り、宇野港にて みんなの表情が心なしか、ホッとしているように思うのは、私(監督)だけか?
実りある遠征でした。こういう機会をできるだけ大切にしたいです。 文責:柔道部監督 永井俊博
13:51
チーム紹介
検索検索
12

12
これまでの戦績
検索検索
12





12