徳島県立板野高等学校
〒779-0102
徳島県板野郡板野町川端字関ノ本47
Tel 088-672-1101  Fax 088-672-4616
e-mail   itano_hs@mt.tokushima-ec.ed.jp
 

メッセージ

メッセージ >> 記事詳細

2017/05/29

全校集会(6月)

| by:校長
 新年度が始まってもう2ヶ月。校舎の外に出ると、帰り際知らん顔して帰っていく人がまだまだたくさんいます。しかし、職員室前ですれ違う人は挨拶のできる人が増えてきましたし、校長室からお客さんを玄関まで送っていくとき、非常に多くの人が「こんにちわ」と挨拶ができ、お客さんがよく教育ができていると言って感心されていたことも何度もありました。実は外来者に対する挨拶は不審者対策にもなると言われています。もっともっと挨拶が聞こえる学校にしましょう。あいさつを漢字で書いたときの「挨」も「拶」もどちらも「相手に心を開いて近づいていく」という意味があります。良い人間関係をつくるため、まず心を開いて相手に近づく挨拶から。

 さて、本年度の県高校総体、本格的に始まるのはこの週末から本格的に始まります。運動部に入部していない人も、会場に行って声援を送って選手を勇気づけ、逆に一生懸命プレーする選手の姿から勇気と感動をもらって欲しい。先日の壮行会でそんな話をしました。
 ところで、勝ち負けは、時の運という言葉がありますが、その言葉のとおり、勝利の女神に見放されると負けてしまいますし、その逆だと勝利を手の中に収めることがあります。勝利の女神というのではありませんが、競技力以外のものが勝負を左右することは確かにあります。
 
 かつて北国新聞に紹介されたノンフィクションライター松瀬学さんが書いた「宇津木妙子・麗華物語」の一節を紹介しましょう。

 取材で、女子ソフトボール日本代表チームの強化合宿の地、埼玉県吹上町を訪ねた時のこと。
 食堂のある建物玄関を見て、たいへん驚いた。そこには「ざっと30人分のシューズが定規で測ったように数cmの狂いも無く左右揃って並んでいる。」ような状況があった。
 そして、そこからの第一印象は「このチームは強い」ということだった。その直感に間違いはなかった。その時のチームは宇津木妙子監督のもと、シドニー五輪で銀メダルを獲得したのだ。
 それはさておき、なぜ、選手たちの靴がそのようにきちんとそろえられていたのだろうか。
 それは、「何事も礼にはじまり、礼に終わる。生活、イコール、プレイです」という宇津木監督の信条による。
 このことをビジネスパースンなり、家庭の主婦に置き換えてみると「だらしなくて、日常的なことがきちんと出来ない人に、会社とか家庭の仕事がちゃんとできるはずがない」ということになるのではないか。どうであろう。

 部活動において、毎日しっかり練習を続けていくことは大切なことです。しかし、それだけではたとえ試合で上位にいったとしても、最後の最後、この試合こそ勝たなければならないという大切な試合に勝てない。それは普段の生活がきちんとできていないときによく見られます。練習時にカバンや自転車をきちんと並べる。持ち物や道具は自分たちできちんと準備する。監督やコーチはもちろん、それ以外の人にもきちんと挨拶ができる。チームの備品は大切に扱う。当然授業中も真剣に授業に取り組む。こんなことができないようでは本当に強いチーム、部にはならないということです。だから、授業にきちんと取り組んで成績の良い年は部活動の成績も良いことが多いのです。

 もう一つ、各競技を見ていて言えることは、強いチームはユニホームの着こなしがきれいで、見ている人の前を通るときは、必ず失礼しますといって通って行くなど実に礼儀正しいということです。
 皆さんの来ている制服、則ちこれもまたユニホームです。当然、どういうのが一番きれいなのか、見ていて美しいのかというのを考えて作られています。短いのが流行っているからと言って、スカートを短くはいている人、普段着のスカートとは違います。シャツをズボンの中に入れるのはダサイといって校門を出て自転車に乗っているときシャツを外に出している人がごく一部います。それも制服ではありません。「しつけ」ということばを漢字で書くと「躾」と書きます。学校では皆さんが自分の持っている潜在能力をしっかり耕して成長してもらうため、毎月服装頭髪指導をし、身を美しく保つように躾をしています。
 宇津木監督の信条にあるように、そうすることによって、皆さんの身が美しくなり、日常生活がきちんと送れるようになる。すると、それに連動して学習成績、部活動の成績が伸びていきます。総体が終われば、3年生はこれらの成績をひっさげて就職や進学のための試験に備えていきます。会社の採用試験や大学入試の面接の時だけ気をつけてもダメだということです。各種試験では普段の生活で培われたものがにじみ出るものです。そのこともよく覚えておいて欲しいと思います。

 それでは、とりあえず運動部の生徒の皆さん、ふだんの生活を誠実にこなしながら練習にしっかり励み、週末の総体に向けて精一杯頑張ってきてください。

12:17