徳島県立板野高等学校 
 
 
Visits1136202

学校紹介

     

     

            校舎(本館、北館)          創立70周年記念庭園            校舎(南館)           記念庭園に咲くツツジ                


  ごあいさつ


                                                                                          校長 吉田光昭 
                                                                                     
  ようこそ徳島県立板野高等学校のホームページにいらっしゃいました。

   板野高校は、大麻山をはじめとする阿讃の峰峰に木々の新緑が混じる春本番、平成29年4月10日に入学式を挙行して185名の新入生を迎え、536名の生徒が新たなスタートを切りました。

  現在、ブレザー制服が県下に広まっていますが、約20年前に県下の公立高校で初めて本校がブレザー制服を導入してから広まっていったのです。生徒の皆さんには、高校生活で誠実に努力をし前進することでこの制服に誇りを持ち、大きな声で母校板野高校の校歌が歌えるようになっていただきたいと思っています。

   では本校の沿革を簡単にご紹介いたします。

          明治39年
             板野郡立蚕業学校として設立され35名の新入生を迎える。
         大正2年
            板野郡立農蚕学校と改称
         大正12年
            県立板西農蚕学校、同校付設実業女学校となる。
         昭和24年
            普通科、農業科、家庭科からなる県立板野高等学校となる。
         昭和57年(創立76年目)
            普通科単独校としての板野高等学校になる。
          平成28年
            創立110周年を迎え現在に至る。

  本校は、この長い歴史の中で「誠実・努力・前進」の校訓、そして「耕不尽」の校是のもと人格の形成と豊かな人間性の涵養を教育の中心課題に据え、二万二千人を超える有為な人材を輩出、我が国の発展に寄与してきました。
  様々な変遷を経てきましたが、本年度10月には111周年を迎えるまさに歴史と伝統を持った高等学校だと言えます。

  皆様、今後とも徳島県立板野高校をご支援くださいますようよろしくお願いします。